2014年01月20日

ルピシア / 白桃烏龍 極品

ルピシアから毎月2種類づつ送られてくる「ティーサンプル」の『白桃烏龍 極品』の感想です。

こちらは台湾の烏龍茶に白桃の香り着けをしてバラの花びらを少々ブレンドしたお茶です。

香りの印象:台湾烏龍がベースで、紅茶の「白桃」同様の合成香料が着けられています。


茶の淹れ方


↓ホットで飲んでみた↓

香りは、湯に入れると半減します。でもベースの台湾茶は着香茶向きなので1煎なら出ます。けれども、烏龍茶と桃の香りの相性が良く、紅茶版よりも香りが比較的口の中に残ります。ルピシアのフレーバーティーの中ではおいしいと感じる人は多いと思います。桃が好きな人には良いのでは?






↓アイスティーにしてみた↓

ここの商品の「コトブキ」によく似ています。香りが減らずにきちんと、台湾茶の味と調和するので、ルピシアのこのお茶はアイスティー向きですね。エグくなくて美味しいと思います。

↓総合評価↓
★★★

評価の基準についてはこちら
posted by みみはな at 23:08| Comment(4) | ルピシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする