2016年06月27日

ダージリンベースのアールグレイ飲み比べ

ベルガモットの爽やかな香りでおなじみのフレーバーティー「アールグレイ」。
「アールグレイ」とは紅茶にベルガモットの香りを着けたものを言います。
アイスティーに出されることでも有名ですね。

「ダージリン」とはインドのダージリン地方で収穫されて製茶される紅茶やお茶のことを言います。
「アールグレイ」はフレーバードティー(着香茶)

さまざまなメーカーにはあらゆるアールグレイの商品(紅茶・お茶)がありますが、
中でも、ダージリン茶葉ベースのアールグレイの飲み比べをしました。

○マリアージュフレール(MF):アールグレイ・インペリアル
春積みダージリンのFOP~BOP茶葉ベースに強めにベルガモットの精油が着香されており、
淹れる前からかなり強い香りが広がります。
85℃くらいの低めの温度で抽出時間を2分に設定。渋みはほぼなく、軽やかなダージリンの味の中に、ベルガモットが強く主張してくれて一般的なアールグレイを飲んでいる方にとっては衝撃をうけるかもしれません。

○ルピシア:アールグレイ・ダージリン
同じく、ダージリンは繊細な茶葉なので、85℃の低めの温度で2.5分の抽出。MFとは異なり、湯に淹れるとベルガモットの香りは減り、ダージリン独特の渋みが感じ取れました。渋味が好きで香料の香りが弱いアールグレイがお好みの方にはお勧めです。

○リーフル:ダージリン・アールグレイ
ダージリン茶葉専門店でも有名なリーフル。ベースに使われている茶葉はBOPで、ベルガモットの香りが程よく調和していました。同じく低温で抽出時間2.5分。程よい渋みときちんと主張するベルガモットの香りが感じられました。

○ロンネフェルト:ゴールデンダージリンアールグレイ
はまる人ははまることで有名なロンネフェルト。上記のアールグレイ同様に比較的低温で2.5分間抽出しました。ダージリンの渋みがごくわずかで、優しいダージリンの風味とベルガモットの香りの調和が抜群でした。

茶園やメーカーごとの飲み比べも楽しいですね^^





posted by みみはな at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック