2017年03月12日

日本茶をフランス人の友人へ発送

ご無沙汰しております。このブログを通して、いろいろなお茶好きの方や紅茶会社の方々と知り合えたこと、ブックマークをしてまでして読んでもらえてることに嬉しく思っています。忙しさにかこつけて更新を怠っていました。

今回は、日本茶好きのフランスの友人へ国際小包を発送の流れを少々メモ書きしようと思います。これからフランスへ国際郵便を出す方に少しでも役にたてば幸いです。内容はお茶のことより、国際郵便事情の方が多くなりそうです。






フランス人の友人は何人かいますが、この友人はドイツに隣接するフランスのアルザス地方に在住で、デザインのイベントで知り合いました。欧米では日本茶の中でも特に抹茶が大人気なのは皆さんもご存じのことかと思います。フランスからでも、玉露や静岡県産、京都府産などのメジャーな産地の煎茶は手に入るので、比較的知名度の低い日本茶を今回は選びました。

私も好きな宮崎の釜炒り茶や微発酵茶など面白いお茶、茨城の猿島茶、黄金色のお茶、さまざまな和紅茶に彼女が好きな日本のものを送ることに。

郵送するものに対してなるべく隙間の少ない段ボールを選びます。今回は陶器を同梱したので、これには二重に緩衝材を巻き、小箱に入れてさらに緩衝材で梱包しました。輸送途中に荷物が破損する多くのケースは、段ボール内の隙間で割れ物が動くことが原因となります。なので、できるだけ段ボールいっぱいに送りたいものを詰め込むか、隙間ができた場合、緩衝材を十分に入れることを推奨します。

送り状の内容の詳細を書く際には、「used」「non alcohol」など記載した方が無難に通関で引っかからずに届きます。送り状には商品金額を記載する欄があり、高額で記載して運が悪ければ、最悪中身を抜き取られる可能性もあるため、人気がありそうな商品には中古品を意味する「used」を記載する手があります。また、アルコール類は関税の対象になるので、たとえ調味料を送るときでも「no alcohol」は必須です。もし商品金額が10万円などと高額に記載してしまったら受取人は関税の支払義務が生じてしまいます。なので、低めの価格を記載することをお勧めします。

輸送国フランスの郵便事情は同じ先進国とは思えないほど劣悪ではありますが、ここ2年くらいでだいぶ改善されてきたとは感じます。5,6年前までは一般的に段ボールを上下ガムテープで封じても、箱が丸くなるほど変形することが多かったのに、最近では、ましな状態で届くことが多いようです。とはいえ、箱の上下をしっかり封じた後はさらに透明のテープで箱中をコーティング?すると強力になります。

国際郵便を発送する際には、「EMS」、「航空便」、「sal便」、「船便」から選択することになります。注意喚起してくれる郵便局もありますが、「EMS」で発送する際には、届け先の正しい電話番号とドアコード(digicode)の記載がされていなければ、日本に返送されてしまいます。EMSは航空便より早く届いて少し安いので、いまだに勧める局員もいますが、この2つを記載していなければ、日本に返送されるケースは多いのです。EMSはDHLに対抗するサービスですからね。なぜかというと、EMSがフランス国内に到着後にはフランスの郵政「La Poste」の子会社「Chronoposte」が委託して配達するためです。日本のオートロックのように番号を入力して門が開くタイプのフランスの集合住宅は、門の向こう側に郵便受けがあるため、ドアコードの知らないクロノポストは不在票すら投入できません。そのため、ドアコードを知らないだけで、不在票すら入れられずに荷物を持ち帰ってしまい、2週間が経過してしまって日本に返送されるのです。ドアコードがない集合住宅でもEMSの場合は正しい電話番号を記載することをおすすめします。

船便は2,3か月要するのですぐに必要のないものを送る際には使えます。その代り、箱がボロボロになる場合が多いと感じています。EMS以外の手段として、輸送費が安めで2,3週間で届く「sal便」があります。エコノミー便とも呼ばれ、国内の輸送は船、国際輸送は航空便です。東京ならコンテナに積まれるまで、2,3日、コンテナに積み込んでから飛行機が離陸するまでは、そのコンテナが荷物で埋まってからになるので、具体的な数字を出せませんが、1週間前後でフランスへ運んでくれます。国内輸送が船便といってもフランス国内は陸路なので、フランスに到着してから、アルザスまでは2日と今回は合計約2週間で郵送が完了しました。SAL便の配達はクロノポストではなく、親会社のラポストが担ってくれるので荷物の扱いがましに感じます。ドアコードはSAL便でも記載が必要ですが、電話番号は間違っていても届きました。

一昔前までのフランスなら、配達日に受取人が不在な場合、不在票すら入れずに、オンライン追跡では「配達済み」と表記されていたり、エレベーターのないアパルトマン5階の受取人の重い荷物は配達が億劫なのか届けにすら行かずに不在票だけ入れたり、配達時に受け取れずラポストに連絡をすると「ここまで取りに来てください」と言われることがざらだったのに、ここ2年くらいは不在だった翌営業日に自動的に再配達してくれるようになったように感じます。アルザスの小さい町だったから幸いだったのか。

届いた荷物は無事破損せずに、開けられた様子もなく届きました。
集合住宅の部屋番号があるのに、住所には記載しないフランスが不思議。ドイツもそうでしたね。

無事に届いた日本茶を味わった友人は、味や香りのバリエーションに驚いていました。日本でもおいしい紅茶を作っていることや、香り豊かな日本茶があること、茶葉の形や色も面白いとのことです。私が好きな黄金色のお茶は彼女も絶賛していました。

またお茶イベントで面白いお茶農家さんやお茶と出会えますように。
posted by みみはな at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際郵便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

お手頃で美味しいセレッシャルシーズニングのお茶

輸入食材店や一部のスーパーのお茶コーナーでよく見かける「セレッシャルシーズニング(Celestial Seasonings)」。このアメリカのお茶ブランドは緻密な絵が描かれたかわいいパッケージを採用し、お求めやすい価格で提供しているだけでなく、美味しいハーブティー、フルーツティー、フレーバーティーなど商品展開しています。日本では度々値下げされていることがあり、価格は20TBで500円前後。

セレッシャルというブランドは1969年にコロラド州で設立されました。始まりはロッキー山脈のハーブを摘みとり、人工的な着色料、保存料を使わずに美味しいお茶を作って提供するという自然派な姿勢です。飾らず優しいタッチのパッケージデザインからひしひしと伝わってきます。

話は逸れますが、日本紅茶協会の民間資格習得に30万円と毎年2万円の年会費がかかり、派手なティーカップにマダムたちが集まる紅茶教室など、紅茶=高級品という極端なイメージから、紅茶への敷居を高く感じてしまう人が少なくないと感じます。高級品として楽しむのももちろん素敵なことで、他方、毎日の生活の一部で、一般的な飲み物としてマグカップで楽しむのもありだと感じます。セレッシャルのような飾らないスタイルで美味しいのに買いやすい価格のブランドは今後も多くのかたに愛されることでしょう。

そこで、飲んだことのあるセレッシャルのお茶を紹介します。ここのお茶の香料はきつくなく、お茶の味と調和がとれています。水は水道水でも軟水のミネラルウォーターでも、ジャンピングも特に気にしていません。

・Honey Vanilla Camomile:カモミールやオレンジピールが中心のハーブティーでバニラの香りが着いています。
カモミールのくせが苦手な私でもオレンジの爽やかさとバニラの甘さで飲みやすかったです。

・Sleepy Time:カモミールやスペアミント中心のハーブティー。他にもたくさんハーブがブレンドされていますが、ミントが際立ったハーブティーです。

・Red Zinger:ハイビスカスとローズヒップ中心の酸味が強いハーブティー。
ほのかに香るミントが心地よく、チェリーの甘さとローズヒップなどの酸味とのバランスが美味しく、ハイビスカス&ローズヒップの組み合わせが苦手な私でも好きなお茶です。

・Lemon Zinger:ハイビスカスとローズヒップ中心のハーブティーです。
水色は赤ですが、しっかりレモンの香りと味がします。

・India Spice Chai:紅茶にシナモン、ジンジャー、クローブ、カルダモン、ブラックペッパーなど、たくさんのチャイに用いられるスパイスがブレンドされています。
バニラの香り着けがされてますが、スパイスのパンチがかなり効いた美味しいチャイが味わえます。

・Wild Berry Zinger:ハイビスカスとローズヒップ中心のハーブティーにラズベリーやイチゴ、ブルーベリー、チェリーなどのたくさんの香りがつけられています。
酸味は和らいでフルーティーな香味が豊かでした。

・Sugar Cookie Sleigh Ride(冬季限定販売):オオアザミや大麦、オレンジピールにバニラの香りが着いてます。
クッキーをハーブティーにしたような香味。甘くてほっこりしているところがハニーバニラカモミールに少し似ている。

・Pomegranate Green Tea: 中国産緑茶と白茶にザクロの香りづけ。
緑茶が苦手な私でもザクロの甘い香りのおかげでおいしく飲めました。ルピシアのTOKIOに少し似ていますが、こちらの方が美味しく感じました。

・Antioxdant Max Blood Orange Star Fruit Green Tea:中国産緑茶にブラッドオレンジとスターフルーツの香りづけ。
きっと日本未発売。変わりもの好きな私は「スターフルーツ」に惹かれて買ってみました。珍しいものが好きです。スターフルーツの果物自体香りも味も弱いので、このフレーバーはほとんどオレンジの甘さが際立っていました。抗酸化作用Maxなためか、緑茶の味が強めな印象でした。

・Antioxdant Max Dragon Fruit Melon Green Tea:中国産緑茶にドラゴンフルーツとメロンの香りづけ。
これもきっと日本未発売。ドラゴンフルーツもあまり味のしない果物なので、興味津々でした。飲むと、メロンをナチャラルに再現していて衝撃。ほんのりドラゴンフルーツ感もあり、不思議なメロンジュースを飲んでいる感覚が、変わりものの私の中でリピート確定しました。


個人輸入する場合は16,600円ほどまで免税ですが、転売や販売などの商用目的での輸入は小口輸入といい、1万円まで課税対象外ですが、植物防疫、食品衛生の検疫検査、税関への申告が必要となってきます。海外の通販サイトなどから購入して輸入届出を出さずにヤフオクやメルカリで転売するのは違法です。

日本のフレーバーティーはやはり万人ウケして、しっかり収益をとれるものがほとんどに感じます。セレッシャルは良質なブランドで、ここに限らず、Numi や Rishi などは、安定的に支持されるブレンドはもちろん、奇抜で個性豊かなブレンドを多く市場に出しています。お茶や食文化を垣間見るとその国の一部を知れて楽しいです。そしてアメリカの個性の豊かさが好きです。日本はこれからですね。

スポンサードリンク




posted by みみはな at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外食品通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

フランスのダマンフレールのお茶を個人輸入

フランスの紅茶ブランド「ダマンフレール」からお茶を個人輸入しました。
日本より安価で購入できます。

IMG_3851.JPG

今回注文したのはクリスマスブレンドとフレーバー緑茶を中心です。ネパールのグランセの手もみ紅茶がこんなに安いと送料をかけてでもフランスから買いたくなります。

IMG_3841.JPG
ダマンフレールのフレーバーティーは香りがどぎつくなく、上品で茶葉と調和しているものが多いです。香料がきつくないので、荷物が届き次第できるだけ早めに遮光瓶か密閉度の高い缶に移し替えるのをおすすめします。




ダマンフレールの良いところは、茶葉の産地や何の香料を使用しているかほぼ明記しているところです。
例えば有名なとあるフランス紅茶ブランドの、あるブランドでは「チベットのスパイスや花の香りを着けた紅茶」や「日本の果物や花々の香り」など、何の香料を使っているかは飲むまでわかりづらいですが、ダマンフレールは「ストロベリーとルバーブの香り」や「ミラベルとキャラメルの香りを中国の緑茶に着けた」など、茶葉や香料の内訳を通販サイトで知れるので、大まかな香味が想像できます。なので、好みのお茶を選びやすいでしょう。

個人輸入の際、税金と関税は原則16,666円を超えない限りかかりません。
お得なお茶の福袋がわりになりました!きつすぎないフレーバーティーが好みの方にはおすすめなブランドです。

posted by みみはな at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダマン・フレール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

スウェーデンでのお茶ライフ

2016年が忙しすぎてあっという間に年を越してしまいそうです。
今日は帰宅後にチコリーコーヒーを一杯。
そしてスウェーデンのお茶ライフを懐古してました。

イングランドの高校で同じクラスだったスウェーデン人の友達とは家族ぐるみで未だに仲が良いので、
気が向いたときにプレゼントを送り合っています。先日いただいたボックスにはルンド大学のフレーバーティーが入ってました。

友人の両親がルンド大学の教授なのと、私が大学時代にルンド大学でお世話になった縁もあり、2.3年に一度はお母さん先生(社会学)の研究室に訪れます。電気やデザインの話で盛り上がるのは生化学者のお父さんですが笑

スウェーデンは日本人の目からは恵まれた福祉国家に感じるかもしれません。良くも悪くも自己責任で主体性が非常に大切な国でもあります。例えば、専業主婦になりたい女性には住みづらいかもしれません。
結婚して出産しても育児と仕事を両立させるのがほぼ当たり前のように感じます。

日常生活としては、物を落としても誰からも拾ってもらえないのがほとんどらしいです。自分は自分、他人は他人と、他者との境界線がドライなほどはっきりしてます。

友人宅は両親と息子がスウェーデン人、他の子供達はチリ、韓国からの養子という複雑な家庭環境です。
聡明でとても心優しい両親と同じくあたたかい心の子供達。猫が4匹と犬1匹。ルンドはストックホルムとは遠く、デンマークのコペンハーゲンの空港からが最も近いです。スウェーデンは人口が少なくて道が広いので車を運転しやすく、寒いけれども室内がキャンドルの優しい灯りで照らされていて冬でも快適です。

だいぶ脱線しましたが、ノンアルコール嗜好品事情はスウェーデン人は圧倒的なコーヒー党の方が多いです。紅茶やレモングラスを加えた中国緑茶を好んで飲んでいる方々も。スウェーデンの女王がネパールのジュンチャバリ茶園の紅茶を絶賛したんだとか。

スーパーのラインナップはKOBBSがフレーバーティーメインに占めており、フレーバーティーはクリーム系や柑橘系が多いですね。紅茶よりも、緑茶ベースのフレーバーティーが多い店もありました。

友人の妹も好きなのが中国緑茶とレモングラスのブレンド。シトラスグリーンティーが若い人に人気なようです。

いただいたルンド大学のフレーバーティーは、緑茶にヨーグルトの香りを着けたもの。80度で3分の抽出で、苦味やエグ味は出ずに美味しく飲めました。

忙しさの束の間にほっと一杯のお茶に癒されます^^

スポンサードリンク



posted by みみはな at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

自作ブレンドティーその2(お茶全般)

image.jpeg

友人のリクエストがあるごとにブログで紹介していくことにしました。
気軽に季節を問わずキンモクセイのお茶を飲みたいとの声を聞いたので、作ってみることに。

まずは、香料を一切使わずに台湾の烏龍茶とキンモクセイの花をブレンド。度々足を運んでる台湾の問屋からキンモクセイと烏龍茶を購入してるので、日本の既製品よりも安価に楽しめるのがいいところですね。


さぁ、これらもリクエストをくださった方へお届けします。




posted by みみはな at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | オリジナルブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

ネパール・ジュンチャバリ茶園のお茶の季節別飲み比べ

知る人ぞ知る極上のお茶を生み出す茶園”ネパール・ジュンチャバリ茶園”の半発酵茶、紅茶を季節ごとに飲み比べてみました。


改めて、ネパール・ダンクタ地方ジュンチャバリ茶園とは、インド・ダージリン地方に隣接しており、渋みが弱くやエグ味のない非常に良質なお茶を製造している茶園。緑茶、ウーロン茶(半発酵茶)、白茶、紅茶までオーガニックで丁寧な手揉捻製法を取り入れている類稀な知る人ぞ知る”本当においしいお茶”を生み出している茶園です。テイスティングは日本の軟水、磁器を用い、設定温度は茶葉に応じて調節しました。


○ヒマラヤン・スプリング(HSP)。春摘みの紅茶。
HSPFFjpg.jpg
手揉捻でフラワリーな香りが広がる。さっぱりとした飲み口。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)。春摘み
HORFF.jpg
HSPに似ているが、機械揉捻なのでしっかりとした味わい。フラワリーな香りも豊か。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)。夏摘み
HORSF.jpg
春摘みのフラワリーさが、夏摘みになるとさらにしっかりとした味わいになる。渋みや苦みはもちろん無し。美味しい。

○ヒマラヤン・ブーケ(HBO)夏摘み。
HBOSF.jpg
芯芽が多い。半発酵茶(烏龍茶)の中でも発酵度高めでまろやか。中国大陸の一般的な烏龍茶とは全く異なり、独特の甘く上品な香りがある。渋みなどの雑味がない。

○ヒマラヤン・インペリアルブラック(HIB)夏摘み。
HIBSF.jpg
台湾の茶蜜香紅茶のような香りと味。台湾の品種の茶の木から摘んだ茶葉なので、ネパールの土地で育っても、台湾茶を彷彿させる。水色が濃いわりには飲みやすい。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)秋摘み。
HORAN.jpg
秋摘みはこうばしさが感じられる。ほんのわずかな渋みとまろやかな飲み口でほんのり甘い。ケーキと一緒にゆったりと楽しみたいお茶。

○ヒマラヤン・ロイヤルルビー(HRR)秋摘み。
HRRAN.jpg
日本のやぶきたと台湾の四季春の交配種。本来、こうばしさが前面にでる秋摘みなのに、フラワリーな香りがあり台湾茶の余韻もある。日本と台湾のミックスがネパールの土地で育った独特な香りと味で、ぜひ一生で一度は飲んでみたい一品。

▼マリアージュ・フレールの”ヒマラヤ”銘柄
●ゴールドヒマラヤ:ネパール・ジュンチャバリ茶園の春摘み高発酵紅茶(マリアージュフレールの極上品)
●シルバーヒマラヤ:同茶園の夏摘み紅茶(シトラス系の香りが特徴的)
●サファイアヒマラヤ:同茶園の半発酵茶(烏龍茶の概念を覆す一品)
●ジェイドヒマラヤ:同茶園の緑茶(なめらかでフラワリーな香りが特徴の緑茶)"

ネパール・ジュンチャバリ茶園のおいしい紅茶とお茶、ぜひ一度おすすめします。

スポンサードリンク



posted by みみはな at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュンチャバリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする