2017年01月02日

フランスのダマンフレールのお茶を個人輸入

フランスの紅茶ブランド「ダマンフレール」からお茶を個人輸入しました。
日本より安価で購入できます。

IMG_3851.JPG

今回注文したのはクリスマスブレンドとフレーバー緑茶を中心です。ネパールのグランセの手もみ紅茶がこんなに安いと送料をかけてでもフランスから買いたくなります。

IMG_3841.JPG
ダマンフレールのフレーバーティーは香りがどぎつくなく、上品で茶葉と調和しているものが多いです。香料がきつくないので、荷物が届き次第できるだけ早めに遮光瓶か密閉度の高い缶に移し替えるのをおすすめします。




ダマンフレールの良いところは、茶葉の産地や何の香料を使用しているかほぼ明記しているところです。
例えば有名なとあるフランス紅茶ブランドの、あるブランドでは「チベットのスパイスや花の香りを着けた紅茶」や「日本の果物や花々の香り」など、何の香料を使っているかは飲むまでわかりづらいですが、ダマンフレールは「ストロベリーとルバーブの香り」や「ミラベルとキャラメルの香りを中国の緑茶に着けた」など、茶葉や香料の内訳を通販サイトで知れるので、大まかな香味が想像できます。なので、好みのお茶を選びやすいでしょう。

個人輸入の際、税金と関税は原則16,666円を超えない限りかかりません。
お得なお茶の福袋がわりになりました!きつすぎないフレーバーティーが好みの方にはおすすめなブランドです。

posted by みみはな at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダマン・フレール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

スウェーデンでのお茶ライフ

2016年が忙しすぎてあっという間に年を越してしまいそうです。
今日は帰宅後にチコリーコーヒーを一杯。
そしてスウェーデンのお茶ライフを懐古してました。

イングランドの高校で同じクラスだったスウェーデン人の友達とは家族ぐるみで未だに仲が良いので、
気が向いたときにプレゼントを送り合っています。先日いただいたボックスにはルンド大学のフレーバーティーが入ってました。

友人の両親がルンド大学の教授なのと、私が大学時代にルンド大学でお世話になった縁もあり、2.3年に一度はお母さん先生(社会学)の研究室に訪れます。電気やデザインの話で盛り上がるのは生化学者のお父さんですが笑

スウェーデンは日本人の目からは恵まれた福祉国家に感じるかもしれません。良くも悪くも自己責任で主体性が非常に大切な国でもあります。例えば、専業主婦になりたい女性には住みづらいかもしれません。
結婚して出産しても育児と仕事を両立させるのがほぼ当たり前のように感じます。

日常生活としては、物を落としても誰からも拾ってもらえないのがほとんどらしいです。自分は自分、他人は他人と、他者との境界線がドライなほどはっきりしてます。

友人宅は両親と息子がスウェーデン人、他の子供達はチリ、韓国からの養子という複雑な家庭環境です。
聡明でとても心優しい両親と同じくあたたかい心の子供達。猫が4匹と犬1匹。ルンドはストックホルムとは遠く、デンマークのコペンハーゲンの空港からが最も近いです。スウェーデンは人口が少なくて道が広いので車を運転しやすく、寒いけれども室内がキャンドルの優しい灯りで照らされていて冬でも快適です。

だいぶ脱線しましたが、ノンアルコール嗜好品事情はスウェーデン人は圧倒的なコーヒー党の方が多いです。紅茶やレモングラスを加えた中国緑茶を好んで飲んでいる方々も。スウェーデンの女王がネパールのジュンチャバリ茶園の紅茶を絶賛したんだとか。

スーパーのラインナップはKOBBSがフレーバーティーメインに占めており、フレーバーティーはクリーム系や柑橘系が多いですね。紅茶よりも、緑茶ベースのフレーバーティーが多い店もありました。

友人の妹も好きなのが中国緑茶とレモングラスのブレンド。シトラスグリーンティーが若い人に人気なようです。

いただいたルンド大学のフレーバーティーは、緑茶にヨーグルトの香りを着けたもの。80度で3分の抽出で、苦味やエグ味は出ずに美味しく飲めました。

忙しさの束の間にほっと一杯のお茶に癒されます^^

スポンサードリンク



posted by みみはな at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

自作ブレンドティーその2(お茶全般)

image.jpeg

友人のリクエストがあるごとにブログで紹介していくことにしました。
気軽に季節を問わずキンモクセイのお茶を飲みたいとの声を聞いたので、作ってみることに。

まずは、香料を一切使わずに台湾の烏龍茶とキンモクセイの花をブレンド。度々足を運んでる台湾の問屋からキンモクセイと烏龍茶を購入してるので、日本の既製品よりも安価に楽しめるのがいいところですね。


さぁ、これらもリクエストをくださった方へお届けします。




posted by みみはな at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | オリジナルブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

ネパール・ジュンチャバリ茶園のお茶の季節別飲み比べ

知る人ぞ知る極上のお茶を生み出す茶園”ネパール・ジュンチャバリ茶園”の半発酵茶、紅茶を季節ごとに飲み比べてみました。


改めて、ネパール・ダンクタ地方ジュンチャバリ茶園とは、インド・ダージリン地方に隣接しており、渋みが弱くやエグ味のない非常に良質なお茶を製造している茶園。緑茶、ウーロン茶(半発酵茶)、白茶、紅茶までオーガニックで丁寧な手揉捻製法を取り入れている類稀な知る人ぞ知る”本当においしいお茶”を生み出している茶園です。テイスティングは日本の軟水、磁器を用い、設定温度は茶葉に応じて調節しました。


○ヒマラヤン・スプリング(HSP)。春摘みの紅茶。
HSPFFjpg.jpg
手揉捻でフラワリーな香りが広がる。さっぱりとした飲み口。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)。春摘み
HORFF.jpg
HSPに似ているが、機械揉捻なのでしっかりとした味わい。フラワリーな香りも豊か。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)。夏摘み
HORSF.jpg
春摘みのフラワリーさが、夏摘みになるとさらにしっかりとした味わいになる。渋みや苦みはもちろん無し。美味しい。

○ヒマラヤン・ブーケ(HBO)夏摘み。
HBOSF.jpg
芯芽が多い。半発酵茶(烏龍茶)の中でも発酵度高めでまろやか。中国大陸の一般的な烏龍茶とは全く異なり、独特の甘く上品な香りがある。渋みなどの雑味がない。

○ヒマラヤン・インペリアルブラック(HIB)夏摘み。
HIBSF.jpg
台湾の茶蜜香紅茶のような香りと味。台湾の品種の茶の木から摘んだ茶葉なので、ネパールの土地で育っても、台湾茶を彷彿させる。水色が濃いわりには飲みやすい。

○ヒマラヤン・オレンジ(HOR)秋摘み。
HORAN.jpg
秋摘みはこうばしさが感じられる。ほんのわずかな渋みとまろやかな飲み口でほんのり甘い。ケーキと一緒にゆったりと楽しみたいお茶。

○ヒマラヤン・ロイヤルルビー(HRR)秋摘み。
HRRAN.jpg
日本のやぶきたと台湾の四季春の交配種。本来、こうばしさが前面にでる秋摘みなのに、フラワリーな香りがあり台湾茶の余韻もある。日本と台湾のミックスがネパールの土地で育った独特な香りと味で、ぜひ一生で一度は飲んでみたい一品。

▼マリアージュ・フレールの”ヒマラヤ”銘柄
●ゴールドヒマラヤ:ネパール・ジュンチャバリ茶園の春摘み高発酵紅茶(マリアージュフレールの極上品)
●シルバーヒマラヤ:同茶園の夏摘み紅茶(シトラス系の香りが特徴的)
●サファイアヒマラヤ:同茶園の半発酵茶(烏龍茶の概念を覆す一品)
●ジェイドヒマラヤ:同茶園の緑茶(なめらかでフラワリーな香りが特徴の緑茶)"

ネパール・ジュンチャバリ茶園のおいしい紅茶とお茶、ぜひ一度おすすめします。

スポンサードリンク



posted by みみはな at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュンチャバリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

自作ブレンドハーブティー(お茶全般)

この度は友人のリクエストと「もっとお手頃にお茶を飲めるのに!」という「もったいない精神」からノンカフェインのお茶をメインにブレンドしてみることにしました。と言ってもハーブティーです。

まずは、ルイボスティーとミント(+隠しハーブ)。これのアイスティーが好きな方々が多いような気がします。
続いて熟した白茶とバラのあれ。青さが消えつつほっこりあまく、ハチミツを足すと飲みやすいです。

さぁ、これらもリクエストをくださった方へお届けします。




posted by みみはな at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナルブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

アイハーブでオーガニック食材と紅茶と日用品を個人輸入

日本で高価な海外輸入食材を買い続けていませんか?
アメリカの厳しい製品テストに合格した紅茶や、調味料、コスメや歯磨き粉や洗剤などの日用品がアイハーブという通販サイト(アメリカ・カリフォルニア州)では日本語対応をしているだけではなく、代引きでの決済や、日本に届くまで1週間弱と個人輸入しているとは思えないほどの良質なのです。

しかし、ほぼ全てのアイハーブブログで紹介されている6桁のアルファベットと数字のクーポンコードはネズミ講っぽく、コードを使って買い物をした人には10ドル割引の代わりに、コードを使ってもらった側には10%の収益が入ります。このネズミ講システムとは別に、よい商品があったので紹介します。なので、アイハーブブロガーたちは必死に商品を紹介してるのです。

日本の代理店は外国製品を高く売り過ぎており、一人でも多くの方に現地価格を知ってもらえたら嬉しいので、この記事を書きました。

アイハーブ↓※価格は円ドル相場により変動します。
http://www.iherb.com/

まずは、商品紹介。
●紅茶&お茶
・Harney & Sons(ハーニー&サンズ)の紅茶と様々なお茶がティーバッグ20個入りで710〜1250円!
 日本より断然お得ですね。
・健康志向で人気のヨギティーがティーバック16個入りで470円。日本より安くて品揃え豊富です。
・サンダルフォーのオーガニック紅茶やフレーバーティーが25個入りで350円
・スタバの紅茶で有名になったTazo Teaの紅茶が20ティーバッグ入りで470〜590円。(大人気のチャイは値上げしたようです。)

●食材
・オーガニックのチョコレートが日本の約半分の商品が多いです。
・Annie's Naturalsのオーガニックのケチャップが680gで430円。日本のケチャップと異なり、すっぱ過ぎず
 トマトの味が濃くてオールスパイスが入っているので、隠し味にも使えます。
・YumEarthのオーガニックのロリポップが350gも入って750円。お子様のおやつにも。
・朝食に欠かせないオーガニックのミューズリーやシリアルが輸入食材店よりもお得。
・Now Foodsのココナッツオイルが200mlで660円。

●日用品
・Now Foodsの歯磨き粉がどの日本の歯磨き粉よりホワイトニング効果が感じられ、180gで440円。
・日本でも人気のアヴァロンのシャンプーやコンディショナーが980円と日本の半額以下
・泡立ちが最高の万能石鹸、ヌビアンのブラックソープが日本よりお得で、140gと大きいのに420円と日本の3分の1の価格。

●コスメ&美容
・Sierra Bees オーガニックのリップクリームが8本で520円
・日本でも人気のセイヤーズの化粧水が355㎖で920円!
・Jarrow Formulasのアップルサイダービネガーが355 mlで500円。美容に重宝、掃除にも使えて万能です。
・バジャーのオーガニックバーム。乾燥やすり傷、肌荒れに使えます。万能バームがアイハーブでは600円〜1000円。日本価格よりかなりお手頃です。
・アロマオイル全般(Now Foodsがお手頃)。参考までにラベンダー30mlが880円。殺菌効果のあるティーツリーオイル30mlが800円で高品質。
・Now Foodsのシアバターが200mlで880円。
・Madre Labsのアルガンオイル配合ハンドクリームが70gで580円。いつもランキング上位の商品です。
・Now Foodsのヒアルロン酸美容液が30mlで1230円。

●サプリメント
・Now Foodsのルテインのサプリが4か月分で2000円。眼精疲労に。
・Natural Factorsのブルーベリーサプリ。90粒で1320円と日本より良心的。
・Now Foodsのオメガ3のサプリメント。慢性疲労や自律神経失調症など万能サプリことオメガ3。約半年分で1100円。